「緊張で眠れない」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「緊張で眠れない」って英語でなんて言うかご存じですか?今回は「緊張で眠れない」の英語での言い方、その応用例、「緊張で眠れない」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の例文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「緊張で眠れない」は英語で “I’m too nervous to sleep.”

「緊張で眠れない」は英語で “I’m too nervous to sleep.” と言えます。

I’m too nervous to sleep.
(緊張で眠れない)

too はこの場合「~すぎる」という意味の副詞です。too は「too 形容詞 to 動詞の原形」の形を取って、「(形容詞)すぎて(動詞)できない」という意味を表します。

I’m too hungry to think.(お腹がすいて頭が回らない)
I’m too hungry to sleep.(お腹がすいて眠れない)
I’m too nervous to eat.(緊張で食欲がない)

nervous は「緊張した」という意味の形容詞です。sleep は「眠る」という意味の動詞です。“I’m too nervous to sleep.” で「緊張しすぎて眠れない」⇒「緊張で眠れない」となります。

nervous と excited の違い

excited は「興奮した」という意味です。nervous は「緊張した」という意味です。

I’m nervous.(緊張している)
I’m excited.(興奮している)

nervous は、不安に思っていることがあって胸がドキドキしているときに使うことができます。excited は、これから楽しみにしていることがあって胸がドキドキしているとき、または、うれしい出来事があった後で、胸がドキドキしているときに使うことができます。

「緊張で眠れない」に関連する英語フレーズ

「緊張で眠れない」に関連する英語フレーズ

「緊張で眠れない」は英語で “I’m too nervous to sleep.” と言えます。では、「緊張で眠れない」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「緊張」

I’m nervous.(緊張している)
Are you nervous?(緊張していますか)
I’m a little nervous.(少し緊張している)
I’m so nervous.(すごく緊張している)

so と really と very の違い

soreallyvery はいずれも「とても」「すごく」という意味を表しますが、reallyvery は相手が知らないことについて相手に説明をする場合に使われます。veryreally よりもフォーマルです。一方、so は相手が知っていることについて独り言を言う場合に使われます。

「睡眠」

He’s asleep.(彼は眠っている)
He’s still asleep.(彼はまだ眠っている)

asleep は「睡眠中である」という意味の形容詞です。“He’s asleep.” で「彼は眠っている」の意味になります。“He’s still asleep.” で「彼はまだ眠っている」の意味になります。

Sleep is important.(睡眠は大切)

「睡眠」に関する英語の名言

Early to bed and early to rise makes a man healthy, wealthy, and wise.
「早寝早起きは、人を健康で、裕福に、そして賢くする」

Benjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)

One cannot think well, love well, sleep well, if one has not dined well.
「きちんと食事をしていないと、きちんと考えることも愛することも眠ることもできない」

Virginia Woolf(ヴァージニア・ウルフ)

You know you’re in love when you can’t fall asleep because reality is finally better than your dreams.
「眠れなくなったら、それは恋をしているということ。だって、ようやく現実が夢を見ているときよりもマシになるのだからね」

Dr. Seuss(ドクター・スース)

いかがでしたでしょうか?今回は「緊張で眠れない」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

【関連記事】—————————————
「睡眠」に関する名言集【英語原文と和訳】
—————————————————–

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次